(営業・受付時間・平日9am – 6pm)

鹿児島市伊敷台にある子どもと女性のためのヨガ教室/act yoga 鹿児島。キッズヨガ・ベビーヨガ・マタニティヨガ・陰ヨガ・アーユルヴェーダ・瞑想・チャクラワーク講座・ヨガ哲学etc・・・赤ちゃんからシニアまで一人一人に合わせ、オーダーメイドの指導。 保育士・調理師。子育て経験のあるママインストラクター。アクトヨガ

初めての方はここをクリック

ラップとヨガの融合?! 毎日がキセキ

WRITER
 

 

全米ヨガアライアンス最高資格リードトレーナー
(E-RYT500時間)公認ヨガ講師
KAZUE です。

 

全米ヨガアライアンス最高資格
リードトレーナー(RYT500時間)
公認ヨガ講師
KAZUE です。

この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

鹿児島はすごい雨ですね。  
4月は梅雨より雨の日が多いように
思うのですが、気のせいかな?
 
先週は満開の桜、
桜島を照らすお月様と
自然の美しさを堪能。
 
お天気の日は
レッスンをしているリビングを
マイナーチェンジしようと
クローゼットから荷物を全部出し
収納の見直しをしたり、
 
キッズヨガで子どもたちからの
リクエスト
GReeeNの「キセキ」の
ウクレレ簡単バージョンを制作
しました。
 
楽器は好きな曲で練習するのが一番。
 
なぜキッズヨガでウクレレ
なのでしょか?
 
 
その前に、逸話として
あるキックボクシングジムで
インストラクターが
瞬発力向上に
子どもとバトミントンを
しました。
 
ちょうど母親が迎えにきました。
帰宅後、母親から
「キックボクシングなので、
関係のない
バトミントンはさせないでくれ」と
苦情がきたらしいです。
 
ジャンルが違うと
人によっては無駄なものに
映るのでしょう。
 
そんなとき私は決まって、
昔の映画、
「ベスト・キット」を
思い出します。
 
空手の試合のため
道場で練習をする少年に、 
師匠は来る日も来る日も雑用しか
させない。
 
試合まで日が浅いというのに、
技の一つすら教えてもらえない。
でもその雑用で培った作法で
見事な動きを繰り出し、
技は自然と身についていた、
というストーリー。
 
一見すると「関係ないこと」
そこがキーポイント。
 
正直、ヨガが上手でも、
学校では何も評価してくれ
ないからですね〜^^;
 
「柔らかいね!」
「難しいポーズができて、
すごいね!」と少し褒められる
くらいでしょう。 
 
子どもに指導していくと
ある時期を境に、
もっともっとと、
欲深くなってきます。
 
難しいポーズができると
「私は〇〇ちゃん〇〇くんより、
上手にできる! 」と
驕りが生まれるのです。
同時にその不穏な空気は
できない子へのプレッシャーに
なります。
 
ポーズが上手になるのが
目的ではないので、
競争心が芽生えたところで
レッスンをどう構成していくかは
指導者の技量の見せ所では
ないでしょうか。
 
ベストキットの師匠は
掃除や雑用を通し、
躾や作法で技の磨きを
かけていた。
 
ヨガで置き換えると
五感を卓越できれば、
ポーズばかりをしな
くてもいいのです。
 
もちろんベースにはきちんと
ポーズができるという過程を
経るのは大切。
ですがポーズの難易度は一切
関係ありません。
 
以前にも書きましたが、
『きちんと座る』
『きちんと立つ』
ができればオッケーなのです。
 
とは言っても簡単なようで、
実は一番難しいのですけどね。
 
ヨガで得られた体感は
様々なことで応用できる。
その方向性を示してあげる
のが指導者。
 
自分をきちんと感じられる子は
自分を見失わない。
 
優越で得られる自信は
そうでなくなったとき
簡単に崩壊します。
 
他人は関与せずとも
 
自分の人生に責任を持ち、
生きる自信を育む。
 
その一つが
自発的にやりたいとリクエストの
あったウクレレなのです。
 
それにしても、
子どもに人気のGReeeN。
 
どれを聴いても同じように
聴こえてくるのは
五感の衰えではなく、
単純に歳のせいだな(笑)
 
特にラップの部分は、苦手です^^;
 
 
 

電話予約     099-800-5199

mail予約     actyoga.com@gmail.com

 

copyright © 2015 act yoga 鹿児島 Inc.

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© act yoga 鹿児島 | 伊敷台ヨガ教室 -アクトヨガ- , 2017 All Rights Reserved.