(営業・受付時間・平日9am – 6pm)

鹿児島市伊敷台にある子どもと女性のためのヨガ教室/act yoga 鹿児島。キッズヨガ・ベビーヨガ・マタニティヨガ・陰ヨガ・アーユルヴェーダ・瞑想・チャクラワーク講座・ヨガ哲学etc・・・赤ちゃんからシニアまで一人一人に合わせ、オーダーメイドの指導。 保育士・調理師。子育て経験のあるママインストラクター。アクトヨガ

レッスン希望はここをクリック

【ヨガライフ】何をしていいかわからない、という人へ

WRITER
 

 

全米ヨガアライアンス
最高資格リードトレーナー
(E-RYT500時間)公認ヨガ講師
KAZUE です。

 

全米ヨガアライアンス
最高資格リードトレーナー
(E-RYT500時間)公認ヨガ講師
KAZUE です。

この記事を書いている人 - WRITER -
ヨガ歴15年。同時並行で飲食店など10店舗の立ち上げに携わる。幼い頃、保育士になるとの一言で父が感化し、放課後ほぼ習い事で埋められてしまう。そのため空いた時間が申し訳なく思う気質となり、35歳でヨガインストラクターと整理収納アドバイザーを取得。潔癖ではない、きれい好き。一日中触っていられるのは猫とmac。タイピング音と夫の声をこよなく愛す音フェチ。

最近、なぜブログをコンスタントに
書き出したか理由をお話します。

今回のブログは
今、何をしていいのかわからない、
という人のヒントになって
もらえれば嬉しいです。

いつものように
3つのカテゴリーで。

1.閃いた(おつげがきたから、笑)

2.おつげの確認作業

3.走らずにはいられない父、書かずにはいられない娘

1.閃いた

私には閃き易いタイミング
時間帯があります。

それは決まって、起きてすぐ。
起き抜けの脳波が関係しているのですが、

睡眠には質があり
レム睡眠とノンレム睡眠の二つあります。

ノンレム睡眠は深い睡眠時、
脳も体も休んでいる。

逆にレム睡眠時、
起こせばすぐに目が覚める状態時に
どこからともなく
訪れる映像なり、言葉が出てきます。

夢はほとんど見ないのですが、
正確にいうと、
見ているけど、記憶にないらしいですが、

夢を見ない代わりに、
起き抜けに何かの映像や
言語がひっかかり目覚めます。

そんなとき、
意識を留めなければ、
夢と同じように
忘れてしまうのでしょうが、

今年の1月ある朝のできごとが
どうしても気になって
ある方に相談することにしました。

相談と言っても形であって、
きっと自分の中では決まっていて、

その確認作業のようなものです。

2.おつげの確認作業

おつげと言うと、
ギョッとされる方もいますが、

単純にどこからやってきたのか
わかないけれど、ヒントとなる何かを
思いついた。そんな感じです。

皆さんも一度は経験あると思います。
例えば、何か困ったことがあって

なかなか解決しないけれど、
何をきかっけに

テレビを見ているときや、
街ですれ違った人を見て、
ふと、糸口がみつかる。

そんな程度だと思ってください。
別に特別な力があるとかではないです。

いたって、普通の人間^^;

言葉というのは突如として
湧いたモノではありますが、

常日頃、自分の意識下では
アンテナを張っていたのだと
思います。

もともとは潜在意識下にあり、
それが表面化、いわゆる顕在化するのが
朝の起き抜け時。

潜在意識のゲートが開ききって、
顕在化しやすい。

朝の起き抜けは
潜在意識と顕在意識を
分けられない状態にある
気がします(実体験から)

夢がまさにそうで
現実では起こっていないことを、
あたかも現実世界かのように
思うのが夢です。

人間の意識は
潜在意識が占める割合が
9割と言われます。

これは有名な話ですが、
この潜在意識を如何に
コントロールして、

Sponsored Link

自分の人生を輝かせるか。

潜在意識と仲良しになると、
ときとして、
潜在意識からいつも

ありがとうとお礼と
いうヒントを与えてくれるときが
あります。

それを逃さないことが大切です。

3.走らずにはいられない父、書かずにはいられない娘

私の父は来年で70歳。
十数年前からマラソンをはじめて、

近隣でマラソン大会があると、
あらゆる大会にエントリーしています。

ですが膝を故障していて、会えば
「膝痛い」
「お父さんは緑内障になりました~」
と不調を誇張してきます(笑)

膝の痛みや目の不調を抱えて
までマラソンに挑戦しなければ
いいと思い、

「なぜ、痛いのに走るの?」
と言うと

「生きちょっかいからよ(宮崎弁)。
生きちょっうちは、何かせんといかんがね」

「生きているからよ」
「生きているから、何かをしないといけない」

というのです。それをするのに、

意味はないけれど、
「山があるから、登った」
と同じ感覚。

山を登ることに意味はないけれど、
山があるのなら、登らずにはいられない。

それがたまたまマラソンだった
ということでしょうか?

マラソンというイベントがある以上、
痛めているから辞めるという

理由にはならないということなのです。

よく、健康のために
運動をするといいますが、
父の口から一切
「健康」という言葉はでてきません。

そればかりか、
不調アピールばかりの
困ったおじいちゃんですが、

そんな意味なく頑張る父に
孫にあたる私の子どもたちは
おじいちゃんに夢中で、

ストーリーに登場させ
愛されています。

要は、丸々だからという理由は
どうでもよくて、
意識のままやりたいことを
やっている。

それが人によって違うので
自分の潜在意識は何を
したがっているか日頃から

アンテナを張ると、
あなたの山が目の前に現れ、

それに登らずにはいられない
気持ちになってくるのでしょう。

父にあたる山が、
私にとっては書きたいに

あたるのだと思います。
今年はじめて、

デスクトップから
ノートパソコンに変更しました。

それからというもの、
場所を選ばずパチパチできることが
楽しくなりました。

ただ、バチバチするのも
なんですので、
ホームページをせっかく

持っているので、
コンスタントにブログを書こうと
思ったのです。

記事を書くから
パソコンを開くというより、

私はゲーム感覚で、
キーボードの上に指を乗せると、
なんとなくパチバチしてて、

1記事書くという感じです。

手を動かしていると、
次々といろんな思考が湧いてくるので、

1記事では説明がつかなくなり、

次回記事のアイデアが
出てきます。

それをメモしていて、
つぎパソコンを開いたとき、
前回のアイデアに意識を向け、

キーボードを叩きだす。
書けば書くほど、
どんどん書きたいコトが

次々に出てきます。

書いているときは無意識に近く、
逆に考え過ぎると、
全く書けません(笑)

これも、きっと、
潜在意識がなせる業。

自分で何かしようとせず、
潜在意識と仲良くなると、

本来内側から、
あ~これがやりたかったって
いうことが発動し始めます。

そのやり方として、
日頃のアンテナと、閃いた瞬間を
大切に扱ってみると、

時間を忘れて没頭できる
コトが内側から
ムクムクと顔を出してきます。

潜在意識と仲良くなる方法として、
ヨガをするのはとても有効♪

常日頃から、
心と体をつなげてくれるヨガを
日常生活に取り入れて
みてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
ヨガ歴15年。同時並行で飲食店など10店舗の立ち上げに携わる。幼い頃、保育士になるとの一言で父が感化し、放課後ほぼ習い事で埋められてしまう。そのため空いた時間が申し訳なく思う気質となり、35歳でヨガインストラクターと整理収納アドバイザーを取得。潔癖ではない、きれい好き。一日中触っていられるのは猫とmac。タイピング音と夫の声をこよなく愛す音フェチ。

Copyright© act yoga 鹿児島 | 伊敷台ヨガ教室 -アクトヨガ- , 2019 All Rights Reserved.